【海外個人旅行】現地のお金はどう用意する?

【海外】旅のプラン

海外旅行に行く時、何を持って行くか色々準備が必要ですよね。その中で大切なものの1つが「お金」です。お金がなければ、せっかくの海外旅行も楽しむことができません。このお金ですが、どのように持って行くのが1番いいのか悩みますよね。クレジット支払いは殆どできるのか?現金はどれくらい必要なのか?日本で両替?それとも現地の方がいい?等、現地での支払いや両替についてお答えします。

現地での支払いは現金orクレジットカード

まず現地での支払い方法は現金かクレジットカード(以下カード)になります。もちろんその国々でpaypayのようなキャッシュレス決済もありますが、外国人でしかも短期旅行で作るのは現実的ではないでしょう。海外は後進国であっても日本以上にキャッシュレス化が進んでおり、カード支払いができるところがたくさんあります。カードは高額の買い物をする時に便利なのはもちろん、「信用力」という側面も持ちます。カードの磁気トラブル等も考えて、海外旅行に出る際にはカードは2枚は持って行く方がいいでしょう。ただ、そうは言っても現金も必要です。現金とカードをうまく使い分けましょう。

【現金支払い】こういう場所では現金で支払おう

現金支払いに向いている場所
  • 屋台
  • 値切る商品
  • 少額の買物
  • ファストフード

基本屋台では現金の支払いになります。またカード支払いが可能なお店も、少額の支払いであればカードより現金の方が好ましいと思われます。国によってはファストフードでもカード決済ができるところが多くありますが、まだ現金支払いが主流です。また、国によっては値段交渉をしながらお買い物を楽しむ国も多くあります。そういった場所でお買い物する場合は多めの現金を用意しましょう。

roki
roki

屋台や少額の支払いには現金!

【クレジットカード】こういう場所ではクレジットカードで支払おう

カード支払いに向いている場所
  • 高額な買物
  • カードが使えるお店

高額な買い物の時にはカードは必須です。ハイブランドショップでは高額な買物を現金で支払おうとすると、信用力のない人に見られ、購入ができないこともあります。カードを持っているということは信用力でもあるので、高額な買物には必ずカードが必要になります。

またカードが使えるお店は極力カード支払いの方がベターです。支払いがスマートに行える他、現金を見せなくてもいいので安全性にも繋がります。

roki
roki

ハイブランドを買う時はカードは必須!

多額の現金を持ち歩くより安全!

現金をどのように用意する?

現金の用意の仕方ですが、日本から?それとも現地で?と悩んでしまいますよね。現地で戸惑わないために日本で予め用意をする方も多いかと思いますが、国によって日本で両替をした方がいい場合と現地の両替の方がいい場合があります。

日本で現金を用意する

まず日本から現金を用意する場合ですが、銀行での両替の他、金券ショップでも両替することができます。

両替時には手数料がかかります。ネットで1ドル110円だったのに両替に行ったら113円だったということがあります。これは1ドルにつき3円が手数料としてかかっているのです。この手数料は一律ではなく、通貨や両替する場所によって異なってきます

以下は主に両替ができる場所です。

両替場所 手数料 備考
銀行国内の銀行の窓口3円程度
銀行の両替専門コーナー専門の窓口2.5円程度
金券ショップ街中の金券ショップ(ネットで郵送がOKの場合も)2円~2.5円程度
FXネット15銭~口座開設要
※手数料は1米ドルの場合(2021年9月現在)

注意をしなければいけないのが、日本で両替する場合、日本円の方が通貨価値が弱い場合です。例えば米ドルやユーロは日本円より通過の価値が強いので日本で両替した方がお得になりますが、その他の通貨は日本円の方が強い場合が多いので、現地で両替をした方がお得になるでしょう。

海外で現金を用意する

次に海外で現金を用意する場合ですが、先ほど記載した通り、米ドル、ユーロ以外はほぼ現地で両替をした方がいいでしょう。大きくわけて現金の用意の仕方は2種類あります。現地の両替所で両替する方法とカードを使ってキャッシングをする方法です。キャッシングをする際は米ドル・ユーロもお得になる場合が殆どです。

現地の両替所

現地の両替所は空港や主な観光地の街中では必ずあります。手数料も様々ですが、旅行中にわずかな手数料の差で歩き回るのは時間がもったいないです。ある程度を空港で両替をして、後は街中で両替をするのがいいでしょう。

キャッシング

一番のオススメはカードでATMから現金を引き出す方法。いわゆるキャッシングなので抵抗ある方もいらっしゃるかもしれませんが、日本に戻ってすぐに返済手続きをすると費用が驚く程安いのです。ATMは空港、街中とあらゆるところにあり、必要な分をいつでも引き出すことができます。ATM操作はほぼ日本語はありませんが、英語メニューは必ずあるので、操作の仕方を覚えてしまえば一番楽な方法です。

オススメのキャッシングではありますが、メリットの他に注意点も確認しておきましょう。

キャッシングのメリット
  • 為替手数料がかからない(ただし利息はかかる)
  • 必要な分だけ引き出せば多額の現金を持ち歩かなくてよい
キャッシングの注意点
  • 事前に海外キャッシングサービスの登録が必要
  • キャッシングごとに手数料がかかる場合がある(為替手数料ではなく引出手数料)
  • カードが磁気不良等で使えない場合は引き出しができない
  • ATMトラブルが起こった場合、思わぬ時間が取られる可能性がある
  • すぐに返済手続きをしない場合は思った以上に利息がかかる場合がある

キャッシングができなかった場合現金が手に入らないことになりますので、キャッシングのみで過ごすのはリスクが高いです。

訪問する国によって現金比率を考えよう

どれくらいの現金を用意するか?ですが、訪問する国によって様々です。カード先進国であればほぼ現金不要で過ごせてしまいますが、カード後進国や屋台等を楽しみたい地域ではある程度の現金が必要になります。また、チップが必要な国は少額の紙幣が必要になります。

アメリカ

アメリカは基本カード社会なのでスーパーやレストラン、タクシー等はカード利用可能で、レストランやタクシーのチップもカードで支払うことができます。現金が必要な場面は、公共機関の利用、ファストフード、ホテルのコンシェルジュに依頼をした時や、ベルサービスを利用した時等のチップ等になります。

roki
roki

アメリカではあらゆる場面でチップが必要だから、1ドル紙幣が多めにあると便利!

アジア

アジアは国によってカード先進国の国とそうでない国の差が激しいように感じます。例えば韓国はかなりカード先進国であり、小さな食堂でもカードを利用することができます。東南アジアは屋台や小さな食堂では現金払いが基本ですが、その他ショッピングモール等ではカード利用ができ、だいたい日本と同じくらいの感覚でカードが利用できます。また、南アジアでは信用できる場所でカードを利用するのがベターです。

roki
roki

屋台を楽しみたいなら現金は必要だね!

ヨーロッパ

ヨーロッパも国によって差があります。ほぼ現金なしでも過ごせるのが北欧。電車、コンビニ、ファストフード等ほぼ全てのものがカード利用可能です。その他は基本日本と同じ感覚です。小さなお店やマーケット(クリスマスマーケット等)や蚤の市、公共機関は現金で、その他はカード利用可能と考えておけば問題ないでしょう。

roki
roki

実際スウェーデンでは現金を両替することなくカードのみで過ごしました!

南米・中南米

南米・中南米の地域は現金比率を高めにしておくのがベスト。高級ホテルやレストラン、スタバ等のチェーン店では問題なく使えますが、その他ではカード利用の手数料がかかったりする場合があります。治安面でも現金をこまめにキャッシングで引き出すのがベストです。

roki
roki

訪れたことのあるメキシコやグアテマラではあまりカードは一般的ではなかったな。

効率よく現金とカードを使い分けよう

現金やカードは時と場合によってうまく使い分けることが大切です。例えばアメリカに4泊6日で出かけるとなると、現金は100ドルもあれば十分かと思います。ただ何かあった時のために+αで100ドルと1万円ほどの日本円を用意しておけば安心です。

高額な買物はもちろんですが、カードが利用でき、かつ信用できる場所ではカードを使った方が安全性もあります。しかし信用できないお店ではカードを利用するのはやめておきましょう。そして利用後はカード明細をチェックするのは忘れずに!

コメント

タイトルとURLをコピーしました